新人研修の受講率とその成果を検証

就職し、現場において実務を行う前に新人研修を行っている企業は多いです。企業について理解を深めることを目的とし、実務を行う上でのモチベーションを高めるきっかけにもなっています。企業としては新入社員に対し、事業の概要やコンプライアンスなどについて認識を持ってもらう絶好の機会であり、順守してもらうため、研修の機会を通してきちんと説明しておきたいものです。また学生から社会人へと環境が変わるために、新人研修では社会人としての自覚や、ビジネスで知っておきたいマナーについても学びます。そういった新人研修を社内で行うには興味を持ってもらえるよう教え方にテクニックが必要です。最近では教える側の姿勢も問われるほど、新人教育は難しいと言われています。より効果的な新人研修を行うにはどうしたらよいでしょうか。

新人研修、外部委託するのもおすすめ

新人研修では講義を中心に、時にグループワークやロールプレイなども行います。幅広い内容となるため、社内で行うには負担に感じてしまうこともあるでしょう。そういう場合におすすめなのが外部委託です。新人研修のための人材や準備に充てる時間などが少なくなり、通常業務への負担を減らすことができます。また外部委託であればその道の専門家に教えてもらえるので理解度も増し、指導力もあるため受講者の真剣さが増します。また社外から見た視点も取り入れられることから、視野を広げられます。新人研修の中でも、ビジネスマナー分野、社会人としての一般的な知識、プログラミングなどの専門的な知識が必要な分野においては外部委託がおすすめ。その分費用が掛かる点や研修内容を把握しにくい点などデメリットもあるため、業種や指導内容にあわせて一部は外部委託で対応するのがおすすめです。

自社に合った新人研修にするには

新人研修を外部委託できる機関はたくさんあります。教育することに慣れている専門家であり、社内にはない新たな視点を取り入れられることから、多く利用されています。せっかく外部委託をするのであれば、今一度新入社員に何を学んでほしいか、どういったスキルを身に付けてほしいかを整理し、これまで行ってきた社内研修での課題もふまえ、内容を決めておくとよいです。自社に合った研修サービスを探すには、プログラムが豊富に用意されている点、講師の質、講師を派遣してくれるのか、社外で行うのかといった実施形式、受講後のフォローアップがあるか、予算見合った費用である点、パッケージプランなどではなく、自社に合った内容でカスタマイズできる点などをポイントに選択しましょう。研修サービス機関としてある程度の実績やノウハウを持っており、要望や問い合わせにも迅速に対応してくれる業者であればよい新人研修が行えるでしょう。