新人研修がもたらす影響は想像以上

雪が解け、桜の咲く季節には、たくさんの企業で新卒の新入社員が入社するニュースが飛び交います。その裏で、入社する何ヶ月も前から人事部や研修担当部門では資料作成などの準備に追われます。また、中途採用の新入社員の枠もあります。そこで、この両者の新人研修方法を考えてみましょう。新卒の新入社員は、前提として社会人の経験がありません。まずは、ビジネスマナーから研修していき、思考力やマネジメント力を身につけさせていきましょう。次に中途採用の新入社員はどうでしょうか。ビジネスマナーが一通り身についているのであれば、研修内容が業界に特化した内容の研修会社に委託してみるのも一つの手段です。新卒でも中途でも重要な点は、いかに目的を明確化し意識共有が出来るか、また現場と連携して乖離が無い様にすることがポイントとなることでしょう。

研修を行う教育手法と業種にあった研修形態

新人研修の内容によって教育手法が変わります。色々な中から今回はOff-JTとOJTについてです。Off-JTとは、集合研修などで座学をメインとした仕事から離れた所で行う教育手法です。特徴としては、体系的に学習できる為、まとめて効率的に学習ができ、最新の知識や技術や社内共通のスキルなどにも適しています。OJTとは、通常業務の中で必要な知識やスキルなどを教育する手法です。Off-JTと比べ個人的指導が出来ることで、実践的なことが出来る反面で指導者によって習得度に差が生じやすく、指導者の負担が大きくなります。様々な業種がある現代では、業種によって使い分けも必要です。職人さんのような専門的な技術が必要な場合は、実践の繰り返しが多くなることもある一方、高度な専門職になれば両方の教育手法が必要。業種に合ったノウハウで教育していくのが鍵となります。

研修を委託するメリットとデメリットとメンタルケア

現在新人研修を外部委託する企業が増えてきています。背景にはどのようなメリットとデメリットが存在するのかについてです。現在企業の問題としては、人手不足の深刻化です。例えば、自社で研修を行うことになりました。対応部門としては人事部でしょう。研修をするにしても、研修以外の業務と掛け持ちしているのがほとんどです。そこで研修自体を外部委託にすることで、人事部の過度な負担が軽減され、違う視点で新入社員と向き合うことが出来ます。更に、外部委託をして教育に慣れた専門的な講師が研修を行うことで効率も上がります。しかし、コストもかかり、自社での新製品や業務プロセスが異なる場合があるのがデメリットとなります。入社から半年以上は、研修の期間となり精神的にもストレスを感じる時期です。同期との関わりや先輩などと交流を持つことと、少しでも学習し出来ることを増やし自信を持つことが成長への近道となるでしょう。