メリットデメリットで見る新人研修の実態

新入社員の方は新人研修を受ける事が多いのですが、受ける側としては、緊張や不安があり前向きな気持ちになりにくいものでもあります。また、研修を行う企業側も準備などの労力は想像以上な為、新人研修は社内で行う企業もあれば外部に委託して研修を行う企業もあります。社内で研修を行う事のメリットは研修費用が抑えられます。外部委託する余裕のない企業は社内研修となりますが、その分担当者の負担は大きくなります。社内の人材の中から研修の担当者を選ぶ事で、担当者の方のスキルアップに繋げる事ができます。後輩への指導力が上がる為、人材育成にもなります。デメリットとして、資料作成などの準備にとても時間がかかります。準備だけでなく、研修のシミュレーションなどもしなくてはならないのですが、担当者は普段の業務もある為、かなり負担となります。また、社内の人材が社内で可能な範囲、内容での研修となるため、研修の質にも不安が残ります。

新人研修を外部委託する時のメリットとデメリットとは

社内で新人研修を行うには担当者への負担が大きくなり過ぎたり、研修内容の濃さや内容に不安が残る事があります。外部委託を利用し準備などの時間を省く事が可能となり、担当者は数時間打合せをするくらいで準備を済ませられます。通常業務に影響する事なく、研修を行う事ができるので、繁忙期などの社内が多忙な状態であっても外部委託であれば新人研修も可能です。また研修を行うのが指導のプロな為、指導力や知識のレベルも保証されています。研修を外部委託する事でのデメリットになる事は研修費用が必要となる事です。外部委託する研修は打合せ後に全て任せてしまう事になる為、研修を受けた社員がどれくらい把握して理解できているかの効果を感じにくい事があります。他にも外部委託先のマニュアルなどに沿って研修を行う為、自社の方針や目的からのズレが出てしまいます。

新人研修をする際に外部委託の利用を検討した方がいい基準とは

全ての新人研修を外部委託してしまうと、社内方針などに沿わない事が出てきてしまいますが、外部委託を利用した方がいい場合もあります。指導に専門的知識が必要なプログラミングなどの分野の時は社内に一人得意な人が居ても指導には結び付きにくくなります。研修やセミナーを外部委託する事でその分野の専門的なプログラムや指導を受ける事が出来るため、こういった場合は外部委託を利用するのがオススメです。また、一人二人であれば社内研修でも問題ないビジネスマナーなど一般的な研修も、大人数となってしまうと外部委託をした方が、自社での準備の労力は最小限で済みます。ビジネスマナーなどの一般的な教養や知識などは社内でも外部委託でも研修内容に大差がない為、外部委託をして大人数での研修を済ませた方が労力も費用も抑えられます。