新人研修における重要性を解説します

新入社員が会社に入る時には不安もあるでしょうが、新人研修という一定の期間を経ることで、さまざまな仕事に必要なスキルを身につけていったり、会社の一員の社員としての自覚が生まれたり、同期と一緒に過ごすことで連帯意識が生まれたりなど、会社にとっても社員にとっても大きなメリットがそこで期待できます。そのため近年では、この期間に力を入れた教育を施していく企業は多くなってきています。一人前の仕事をするためにも、その企業にあった新人研修を企画する必要があります。けれども、業務上の関係や新人の人数が多い場合などは、社内だけで済ませる余裕がない時もあり、まかなえない部分は研修に特化した専門の業者などの外部に委託をして、新人研修をする場合もあります。どちらにしても入社後を左右する研修ですので、自社に合うイベントにするべきです。

自社にとっても効果が高い新人研修を選ぶ

新人研修を社内で企画しながら施していく場合は、業務と重なったり人材不足などでなかなか困難なことも多いです。それを研修に特化した外部業者に任すことで、実際の現場のレベルでは新人への教育の負荷が減って楽になるメリットはあります。また研修のプロならではのカリキュラムを組んでくれることで、一定以上の効果を生み出せるというメリットもあります。けれども、社員一人一人と密の濃い研修時間を過ごすことで、より仲間意識も深まるという点でいうと、一般社員と新人との関わりが薄い研修だと、深まり方もまた薄くなりがちだというデメリットもあります。またその年の新人に合わせたきめ細かなプログラムを組むというようなカスタマイズ性が減ることもあります。どちらもメリット、デメリットがありますので、自社に合う新人研修となるような選択をすることが重要です。

新人研修を外部に委託するなら信用と実績から選ぶ

新人研修をしてくれる業者は、インターネット上でも簡単に探せますが、開業年数や実績などをきちんと調べて、委託するかどうかを決めます。社員への教育ですので、きちんとした実績がある安心できるところに委託はするべきですし、会社の内部にも深く関わることもありますので、外部委託先は慎重にするべきです。その代わり、最適な良い委託先を見つけることができれば、今後の毎年の入社では末永く付き合っていくこともできます。接客を主にする業界や、事務がメインの業界、最新のITを扱う業界、屋外での仕事、店舗内での仕事というように、それぞれの仕事場で必要な研修も変わってきますので、いくつもの業界のシチュエーションに対応できる研修が細分化されているプログラムを持った委託先であれば広い範囲での研修にも対応してくれるのでお勧めです。

例)5名様、ビジネスマナー研修に同時申込で、¥90,000円※税抜、別途テキスト代 自社向けのオリジナル研修も御提案可能です! 人数や日程に関しては、ご希望あれば別途ご相談に応じます。 ロールプレイング、ワークショップ中心の実践的研修プログラム! 社会人基礎力研修、コンプライナス基礎研修などのビジネスマインド強化研修! 新人研修ならアイルキャリアカレッジにお任せを!!